ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店



3ヶ月前から受付
ビジネス利用

施設紹介
写真でご紹介
ご利用案内
料金など
交通アクセス
電車・道路
イベント情報
お祭り・イベント
周辺ガイド
周辺・観光情報

店舗トップへ
浜名湖店トップ

プレゼントクイズ
毎月実施中



 

 

 


ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです




国連UNHCR協会の
難民援助活動に
協力しています


二足四足協和国を
応援しています




静岡県湖西市新居町新居1254
新居関所前に「無人島漂流者 不屈の精神を伝える」と刻まれた「新居無人島漂流者顕彰碑」があります。


享保3年(1718年)11月、五兵衛船は今切湊(新居港)を出帆。江戸、仙台、銚子、宮古など関東と東北を行き来した後、12名で江戸へ向け出帆。その途中、九十九里沖でシケに遭って流され、翌年1月26日頃、無人島に上陸。

江戸時代、幕府の御用船が行き来する八丈島より、さらに280qも遠い、アホウドリが生息する絶海の孤島・鳥島でした。
甚八、仁三郎、平三郎の3人は、21年の無人島生活の末、故郷へと生還を果たしました。


江戸時代に鳥島へ漂着した人の記録は7件!!
天明5年(1785年)、土佐の長平ら4名が漂着。長平一人生き残り、苦闘の末に生還を果たしました。吉村昭の小説「漂流」に描かれています。
また、アメリカの捕鯨船に助けられたジョン万次郎。「新聞の父」と言われる浜田彦蔵など。

新居関所、旅籠紀伊国屋資料館、小松楼など見学する際に、立ち寄ってみては?

■新居関所資料館にて「無人島漂流記 アホウドリの島で過ごした21年」が販売されています。
■織田作之助著書「漂流」で発表。
「ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店」から約1.8km
TEL:053-594-3615 (新居関所)